「育毛剤」とはよく聞きますが、実はこれ、二つの種類に分けられるんです。そのことを知らずに育毛剤を使用してしまうと、思うような効果を得られなかったり、むしろ薄毛が悪化してしまったりするのです。

「正しい育毛剤の使い方を知りたい」
「自分に合った育毛剤を見つけたい」

そのような方も多いことでしょう。そこで当記事では、育毛剤の種類とその用途について解説したいと思います。

間違えると逆効果!?育毛剤の種類とは?

医薬品と医薬部外品

育毛剤の種類には「医薬品」と「医薬部外品」があります。前者はリアップやプロペシア、後者はチャップアップやブブカなどですね。

この二つの最も大きな違いは、発毛効果が認められているか否かです。発毛効果が医学的に認められている育毛剤は「医薬品」であり、いわば「薄毛治療薬」です。

逆に発毛効果の認められていない、それを謳うことのできない育毛剤は「医薬部外品」であり、これは頭皮ケアを目的とするサプリメントのようなものだといえるでしょう。

医薬品には副作用があります

医薬品の育毛剤には、副作用があります。たとえばミノキシジル配合のリアップは、頭皮の火照り、かゆみ、湿疹などの副作用が発現する恐れがあります。

薄毛治療薬プロペシアには、性欲の減退、男性機能の低下といった副作用が伴います。

ただしこれらの育毛剤には、発毛効果が認められていますから、つまり、すでに薄毛に悩んでいる方が、髪の毛を増やすことを目的に育毛剤を使うなら、この医薬品の育毛剤を使うのがベストだということです。

医薬部外品に発毛効果はありません

医薬部外品の育毛剤には、発毛効果はありません。それらの育毛剤の広告は、いかにも毛の生えそうなものとなっていますが、もし本当に毛が生えるのであれば医薬品に指定してもらえるはずです。

申請すれば本当に毛の生える医薬品の育毛剤として売り出せるのに、そうしないということは、つまり発毛効果は無いということなのです。その意味で、医薬部外品は頭皮ケアをするサプリメントのようなものだといえるわけですね。

たしかに頭皮に良い成分は含まれているので、髪が元気よく育つようになる=育毛促進効果があるというのは、間違いないと思います。しかし発毛効果はありません。

ですから、現状ハゲていない人が、将来ハゲてしまうのを防ぐために使用するというのが、医薬部外品の育毛剤の正しい使い方なのです。

今現在は薄毛に悩んでいない方が医薬品の育毛剤を使うと、前述した副作用により、かえって頭皮の状態が悪くなってしまう恐れがあります。

薄毛を予防したいなら医薬部外品の育毛剤、薄毛を治療したいなら医薬品の育毛剤を使いましょう。

【関連PR】チャップアップ