カテゴリー: 薄毛を防止するために

育毛を行うにあたり良いとされる食べ物について

年齢を重ねて髪の毛が薄くなってしまったと言うことや、髪の毛が細くなってしまったと言う悩みはきっとあると思います。

この悩みを解決するための方法は様々あり、育毛剤や発毛剤を利用するという方法や、病院から処方されるサプリメントや薬を飲むと言う方法があります。

しかしながら育毛や発毛を行うにあたり、自分で1番気をつけやすい点、気をつけた方が良い点があります。それは日常生活の習慣を変化させたり食生活を見直すと言ったものです。

髪の毛全般の悩みに対して、仕事の忙しさや疲労、食生活の欧米化は直接的にそのような症状につながりやすいのです。

そこで今回は食生活や食べるものの改善を行い、育毛と発毛を促すような食べ物にはどのようなものがあるのかと言う事についてお話ししていきたいと思います。

実は育毛や発毛を促す食物と言うものは意外に多く存在します。その効果としては髪の毛自信を強くしたり発毛を促すものであったり、頭皮の血流を促進することによって育毛を促したりとまちまちではあります。

髪の毛の構成に1番重要なミネラルとして「亜鉛」と言うミネラルが挙げられます。この亜鉛がないと髪の毛を作るためのタンパク質の合成が行われません。

ですからせっかく髪の毛の元となるタンパク質の摂取を行っても、なかなか髪の毛になることがないのです。

この亜鉛を多く含む食事として代表的なものはかきやレバー、うなぎや納豆、ナッツ類が良いとされています。

特にナッツには毛母細胞の働きを活発にする働きを有しており、お酒のおつまみやおやつとして積極的に摂取を行ってもらいたいものです。

続いて代表的な食物は、ワカメや昆布、もずくなどといった海藻類です。このような海藻類に含まれるフコイダン成分には発毛促進効果があると言われています。

昔から育毛や発毛にとって有名な食物ですから、朝ご飯や夜ご飯にはこのような海藻類を入れたお味噌汁を食べることが好ましいでしょう。

その他にも様々な食材がありますが、1つ気をつけなければならない点があります。先ほど申し上げました通り食の欧米化が進んでいます。

ファーストフードなどの資質や塩分が多く含まれているような食事や、人工甘味料や白砂糖を使った食品はタンパク質の合成を阻害したり、頭皮に対して悪影響を及ぼすことがありますので極力してはならないでしょう。

以上のことに気をつけ食生活を行い、+ αとして育毛剤や発毛剤の使用、病院やクリニックの利用を行うことをおすすめ致します。

生活習慣を変えれば予防もできる?ハゲの原因や対処法って?

みなさんは、最近頭皮チェックをされていますか?薄毛の進行は、自分ではなかなか気づけないものですよね。しかし、それにしても人間の髪の毛はどうして薄くなってしまうのでしょうか。

「薄毛の原因を知りたい」
「できれば予防したい」

そのような方も多いのではないかと思います。そこで当記事では、薄毛の原因や対処法についてご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

どうして髪の毛は薄くなるの?

薄毛の対処法
男性ホルモンは薄毛の原因となります。男性ホルモンが2型5-α還元酵素によって脱毛物質ジヒドロテストステロンに変換されると、ヘアサイクルの成長期が極端に短くなり、毛がうまく成長しなくなります。

このジヒドロテストステロンによる薄毛のことを「AGA」などと呼びます。AGAの治療にはプロペシアやミノキシジルなどの薬が用いられます。女性はプロペシアを使用することはできませんので、その点はご注意ください。

ちなみに、薬ではありませんが、亜鉛という栄養素にはプロペシアと同じように、男性ホルモンが脱毛物質に変換されるのを防ぐ働きがあります。サプリメントなどで摂るようにすると良いでしょう。

遺伝の可能性もあります

遺伝的な要因により薄毛が進行することもあります。この場合は薬などで対処するのが難しく、植毛などといった解決方法を模索するしかありません。

家族に薄毛の人が多いという方は、できるだけハゲの予防に努め、もし毛が薄くなってきたら、早めにお医者さんに相談してください。

遺伝でなく男性ホルモンの影響による薄毛でしたら、前述したように薬で治療することが可能です。

頭皮の扱い方によってハゲる

みなさんは、シャンプーをするときに、頭皮に爪を立ててしまってはいませんか?そのやりかたは頭皮を傷つけてしまいます。これがハゲの原因となる可能性もありますから、シャンプーをするときには指の腹で優しく擦るようにしてあげてください。

また、スーパーやコンビニなどで販売されているシャンプーは、洗浄力が強すぎて頭皮にはあまりよろしくありません。もし可能であれば、ちょっと値は張りますけれども、アミノ酸系の頭皮に優しいシャンプーを使用してください。

濡れた髪を放っておくと……

濡れた髪を乾かさずにそのままにしておくのもハゲの原因となります。お風呂上がりにはちゃんとドライヤーをしてください。

なぜ濡れたままにしておくことがハゲの原因になるのかというと、そこで菌が繁殖するからです。つまり衛生的によろしくないわけですね。頭皮は非常にデリケートですから、常日頃からいたわってあげてください。

紫外線の影響も

紫外線が頭皮にダメージを与えることによって、薄毛が進行する可能性があります。日焼けをすると肌がひりひりとしますよね。あれは要はやけどをしたのと同じ状態なのですが、頭皮でも当然同じことが起こります。

頭皮は髪の毛で覆われていますから、露出した肌よりは紫外線の影響は少ないと思われますが、まったく無いとは言えません。特に、お風呂に入って皮脂を洗い流した直後に外出するのは危険です。皮脂には頭皮を守る役割があるのですが、シャンプー後は八割から九割程度の皮脂が洗い落とされています。

頭皮が無防備な状態で紫外線を浴びると、その影響は大きくなると考えてよいでしょう。

生活習慣と育毛まとめ

以上、ハゲの原因をご紹介いたしました。ハゲは習慣によって予防できる部分も大きいのです。頭皮を大切に扱い、毎日ケアを欠かさなければ、ある程度はハゲを予防することができます。

頭皮環境を良くする育毛剤などを併用すれば、スカルプケアの効果はさらに高まることでしょう。みなさんもぜひ、将来ハゲてしまわないように、普段からケアを行ってみてください。