カテゴリー: 薄毛を防止するために

生活習慣を変えれば予防もできる?ハゲの原因や対処法って?

みなさんは、最近頭皮チェックをされていますか?薄毛の進行は、自分ではなかなか気づけないものですよね。しかし、それにしても人間の髪の毛はどうして薄くなってしまうのでしょうか。

「薄毛の原因を知りたい」
「できれば予防したい」

そのような方も多いのではないかと思います。そこで当記事では、薄毛の原因や対処法についてご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

どうして髪の毛は薄くなるの?

薄毛の対処法
男性ホルモンは薄毛の原因となります。男性ホルモンが2型5-α還元酵素によって脱毛物質ジヒドロテストステロンに変換されると、ヘアサイクルの成長期が極端に短くなり、毛がうまく成長しなくなります。

このジヒドロテストステロンによる薄毛のことを「AGA」などと呼びます。AGAの治療にはプロペシアやミノキシジルなどの薬が用いられます。女性はプロペシアを使用することはできませんので、その点はご注意ください。

ちなみに、薬ではありませんが、亜鉛という栄養素にはプロペシアと同じように、男性ホルモンが脱毛物質に変換されるのを防ぐ働きがあります。サプリメントなどで摂るようにすると良いでしょう。

遺伝の可能性もあります

遺伝的な要因により薄毛が進行することもあります。この場合は薬などで対処するのが難しく、植毛などといった解決方法を模索するしかありません。

家族に薄毛の人が多いという方は、できるだけハゲの予防に努め、もし毛が薄くなってきたら、早めにお医者さんに相談してください。

遺伝でなく男性ホルモンの影響による薄毛でしたら、前述したように薬で治療することが可能です。

頭皮の扱い方によってハゲる

みなさんは、シャンプーをするときに、頭皮に爪を立ててしまってはいませんか?そのやりかたは頭皮を傷つけてしまいます。これがハゲの原因となる可能性もありますから、シャンプーをするときには指の腹で優しく擦るようにしてあげてください。

また、スーパーやコンビニなどで販売されているシャンプーは、洗浄力が強すぎて頭皮にはあまりよろしくありません。もし可能であれば、ちょっと値は張りますけれども、アミノ酸系の頭皮に優しいシャンプーを使用してください。

濡れた髪を放っておくと……

濡れた髪を乾かさずにそのままにしておくのもハゲの原因となります。お風呂上がりにはちゃんとドライヤーをしてください。

なぜ濡れたままにしておくことがハゲの原因になるのかというと、そこで菌が繁殖するからです。つまり衛生的によろしくないわけですね。頭皮は非常にデリケートですから、常日頃からいたわってあげてください。

紫外線の影響も

紫外線が頭皮にダメージを与えることによって、薄毛が進行する可能性があります。日焼けをすると肌がひりひりとしますよね。あれは要はやけどをしたのと同じ状態なのですが、頭皮でも当然同じことが起こります。

頭皮は髪の毛で覆われていますから、露出した肌よりは紫外線の影響は少ないと思われますが、まったく無いとは言えません。特に、お風呂に入って皮脂を洗い流した直後に外出するのは危険です。皮脂には頭皮を守る役割があるのですが、シャンプー後は八割から九割程度の皮脂が洗い落とされています。

頭皮が無防備な状態で紫外線を浴びると、その影響は大きくなると考えてよいでしょう。

生活習慣と育毛まとめ

以上、ハゲの原因をご紹介いたしました。ハゲは習慣によって予防できる部分も大きいのです。頭皮を大切に扱い、毎日ケアを欠かさなければ、ある程度はハゲを予防することができます。

頭皮環境を良くする育毛剤などを併用すれば、スカルプケアの効果はさらに高まることでしょう。みなさんもぜひ、将来ハゲてしまわないように、普段からケアを行ってみてください。